医院長日記へのコメント

2009年09月03日

新型インフルエンザ

ついに国内での死者が10人になったと今朝(9/2)の読売新聞に掲載されていました。そこには国内のおよそ10万人が感染しているという報告もありました。これっておやって思いませんでした?10万人のうちの10人て、死亡率0.0001%ですよね?きっと実際の感染者数もこれよりもっと多いと思うので、さらに少ない可能性があります。これは季節型のインフルエンザが0.1%とか言われてますので、1000分の1とか、とにかくかなり少ない数字です。これは本当に新型インフルエンザと呼べるのでしょうか?もしくは海外で流行しているものと違う型に変異したのでしょうか?きっと厚生労働省も慌ただしい時だと思うので、ちょっとここで冷静な目で見たほうがいいかもしれないと、ふと思いました。ただもちろんハイリスク者と呼ばれる妊婦さん、腎臓病、心疾患、乳児喘息など基礎疾患を持つ方は注意が必要でしょう。