医院長日記へのコメント

2013年10月18日

秋晴れです

女性が知りたい「からだ健康コラム」№17

『東洋医学にみる秋に気をつけたい女性のからだ②』

5つの分類のグループわけの例として

「秋」「肺」「大腸」「鼻」「皮膚」

などが同じグループに属します。

つまりこれらは何かしら関係しているということ。

肺と大腸?皮膚?が同じグループ?なんじゃそれ?

って思いましたね?(笑)

使い方の前に一つ、考え方を確認しましょう。

治療院のある本庄は関越自動車道の本庄児玉インターチェンジがあります。

ここから花園まで、GWやお盆などの帰省時は30キロとか40キロとか、なにしろめっちゃ混みます。

長野・軽井沢方面からの上信越自動車道(2車線)と、群馬・新潟方面からの関越自動車道(2車線)が本庄の手前で合流します。(3車線)

だから当然混みます(笑)

工事や事故などで車線規制もあるだろうし、いろいろな原因が重なったり、

そんな時は高速降りても国道が大渋滞。周りにまで影響を及ぼします。

本庄を過ぎた先にも、影響が当然出ます。

これを体に例えると、

本庄あたりで渋滞30キロ、これがあくまで症状です。

この渋滞(症状)が起こる要因として、

道がつながっていて、症状までの道の事情や様々な事故、症状だけでなくをその周りの影響、その他もろもろいろいろなことが重なった結果、症状となります。

つまり症状だけでなくそこに至る経緯や、周りとの関係を考えてみた時、

なんか規則性があるんじゃない?っていう一つが、

肺と大腸と皮膚の関係になります。 続く