医院長日記へのコメント

2014年01月24日

なんだか変に温かいですね

私自身、最初に治療したのはおばあちゃんでした。

すでに96歳で亡くなって7年経ちますが、

もともと膝が悪く、正座ができませんでした。

年と共にすっかり細くなり、ちっちゃな体になっても、

着替えやトイレなどがしっかりできました(^^)v

着替えも上手に壁に寄り掛かってズボンをはく姿、

「筋力だけでは説明できない」ことや、

「立ち上がるしぐさ」「しゃがみ方」を見ることで、

体のバランスの取り方を学び、

さらに

我が子の成長を見ることで、同じ行動を同じような見方で見ると、

治療の本には載っていないようなことを随分勉強することができました(^^)v

そこで、自分の中で生まれた一つの治療理念(>_<)

それは、

もしおばあちゃんに施術してみたどうだろうか?

おばあちゃんでも効果があったことはなんだろうか?

子供でも、妊婦さんでも、具合が悪い人でも共通してできることはなんだろうか?

という物差しです(^_-)-☆

その物差しで言うならば、

からだにとって温度はなくてはならないものには間違いありません((+_+))

そのための対処法としたら、

お風呂もいいのですが、

断然足湯の方が良いと思います\(◎o◎)/!