医院長日記へのコメント

2007年09月22日

明日明後日は

もうお彼岸というのに、今日も暑かったですね。例年ならこの時期に温度が上がってもカラッとしてるはずなんですけど、なんかジメジメしていますね。

でも暑さ寒さも彼岸までですからね。お彼岸が明けたら涼しくなると思います。

お彼岸とは
「彼岸会(ひがんえ)」といいます。梵語の「波羅蜜多」の訳で、彼岸に到るという意味だそうです。迷いに満ちあふれたこの世、此岸(しがん)から、悟りをえた世界彼岸(ひがん)へ到ることを願って、行いを慎む期間だそうです。
ですから、お彼岸は、自分を見つめ直し、先祖への報恩感謝をすることにより、より豊かな心を持つための、人格形成期間のようなものです。彼岸会は、インドや中国にはない、日本独特の法会みたいですね。
こういう時ぐらいは仏壇をきれいにし掃除供物をしたほうが気持ち的にすっきりすることもあります。ちなみにぼたもち(牡丹餅)とおはぎ(お萩)は同じものを差し、牡丹が咲く頃に食べるのをぼたもち、萩が咲くころ食べるのをおはぎと使い分けているのを知っていましたか?最近近所の物知りおじさんに聞きました(笑)また秋分の日は昼と夜の長さがだいたい同じになるんです。そういえばかなり日が落ちるのが早くなりましたね。こういう季節の変わり目を感じることがとても大事なことだと思います。明日明後日はお休みですので宜しくお願いします。よい連休を。