治療方針

  • 芦澤治療院では立位の状態で体全身のバランスをチェックします。
    前後軸・左右軸・回旋軸の方向にどれだけずれているかを見ます。
    ここで注意は両足に均等に体重を乗せることがポイントです。
前後方向の動きをみます。前に傾けた時少しおしりを後ろに下げるといいでしょう。
治療方針1
左右方向の傾きをみます。よく写真と撮る時など傾いていると言われたことありませんか?
治療方針2
左ねじり、右ねじりに体をねじります。
治療方針3
鏡の前で試してみましょう!
どうですか?偏りがありましたか?
痛みがあるかたは倒しやすい方に傾けていたほうが痛みが楽になりませんか?
  • 私たちの体を回転運動するモノととらえることで少し違った見方で身体をとらえます。3つの方向に回転する運動に自由度が得られる、つまりより均等に動かせると体は自由に無理なく動かせるようになります。逆を言えば、この3つの方向の偏りによって肩こりや膝関節痛、腰痛などの原因になるのです。つまりまっすぐ立っているのが無理な状態なのです。
  • これらを改善する為に自然にある物理法則を利用します。たとえば二つ方向に回転運動を起こしたり、圧力をかけるのに重力方向を利用したり、振動を利用したりします。機械や器具などは一切利用しない手技だけで施術します。やさしい刺激のマッサージで頭部から手先、足先まで全身を施術します。
  • 施術後は3つの方向の偏りが改善されることによって筋肉のバランスもとれるので動かしやすくなったり、呼吸がしやすくなったり、夜熟睡できるようになります。痛みの根本である偏りがとれた状態になると結果として体がうまく機能し回復が早くなったり痛みや運動制限が改善されるのです。日頃の休んでもなかなかとれない疲れから、肩こり・腰痛など様々な痛みが改善されていきます。